FC2ブログ
2018 08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2018 10

オーバーロード(6) 王国の漢たち<下> / 丸山くがね

kage

2018/01/26 (Fri)

あらすじ。

王国に潜む裏組織“八本指”最強の戦闘集団“六腕”が動きだした。迎え撃つはラキュース率いるアダマンタイト級冒険者“蒼の薔薇”。騎士たちは国を姫を守るために最前線へと赴く。その決戦の渦中に蠢く謎の大悪魔ヤルダバオト。苛烈な抗争の渦に巻き込まれ、王都が紅蓮の炎に包まれる。

感想。

シリーズ第6弾!上下巻の下巻。安定した面白さ。このシリーズは巻が進んでも面白さは
劣化しない。前回の引きはセバスがアインズ様と面会する直前で。アインズ様はNPCには
結構寛大であり、セバスの失態も許してしまう。そしてツアレをナザリックのメイドとして働く
事も許す。流石、アインズ様。

そしてとうとう六腕と対決したセバス。セバスが圧倒的に強いのが凄い。ゼロもかかと落とし
一撃で屠ってしまう。ブレインでも互角くらいだったが。ブレインはやはりガゼフの部下に。
正式には暫定で王女付きとして今は仕えているが。ブレインも気になる存在になってきた。

黄金の王女が八本指の拠点を襲撃する際の冒険者として雇われたモモン様。まさかの
デミウルゴスとの対決になるとは。といっても口裏合わせはしてあるので演技である。
蒼の薔薇の前でデミウルゴスを(演技で)倒して一躍英雄になったモモン様。これでナザリック
にも役に立つな。

そして法国のぴれいやの血を引くのが神人というらしい。これはやはりゲーム内から転生?
された人が昔も何人か来たということか。これは面白い事になってきたな。壮絶な法国との
最終対決になりそうな予感と予測。

そして蒼の薔薇のイビルアイさんがモモン様に惚れてしまった。250年生きた吸血鬼の
イビルアイさん。モモン様に助けられキュンときた模様。これほどの漢に巡り合えるのは
もうないと思う、内心の乙女心に思わずニヤリとする。アルベドさんとのバトル希望。

八本指もナザリックの配下にして王国への影響力が増し、デミウルゴスの言う建国への布石
が成った。さて次はどうなってゆくのか気になります。

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック