2018 03 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2018 05

戦の国 / 冲方丁

kage

2018/01/17 (Wed)

あらすじ。

『戦国』―日ノ本が造られた激動の55年を、織田信長、上杉謙信、明智光秀、大谷吉継、小早川秀秋、豊臣秀頼ら六傑の視点から描く、かつてない連作歴史長編。

感想。

久々の著者の時代物である。「天地明察」「光圀伝」「はなとゆめ」に続いてである。
時代物は好きだが最近はである。読んでいて漢気あふれる人たちばかりだ。
みな、自分を神がかり的な物へと昇華させようとし神格化しようと試みる。そうすると部下たちが
迷いもなく大将を信じ戦うことになる。そんななか上杉謙信の戦への天才的な発想が凄い。

かなり長い事戦の基本となる兵種別編成部隊は凄いな。
上杉謙信と武田信玄の川中島の戦いは迫力あったな。
そして豊臣秀頼の聡明で利発な人となりにも驚いた。ドラマとかで見る限り、有能そうには
ないイメージだったが、実際はどうかはわからないがこの作品を読むと偉人である。

明智光秀もやはり有能で政略にも軍略にも長けた人物で、天下獲りに魅せられた人なのだ。
天下泰平の世の行く末を心配した感じで行動を起こした明智光秀。それだけでもないが
頭の切れる人物の考える事は凄いな。

今後は時代物を不定期でいいから読んでいこう。

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック