FC2ブログ
2018 11 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2019 01

魔王 / 伊坂幸太郎

kage

2018/01/03 (Wed)

あらすじ。

会社員の安藤は弟の潤也と二人で暮らしていた。自分が念じれば、それを相手が必ず口に
出すことに偶然気が付いた安藤は、その能力を携えて、一人の男に近づいていった。

感想。

伊坂作品。3作目。図書館本。正直、あまり面白くなかった。政治的な話は好みの別れる所だし、
「魔王」の安藤が死ぬところもなんかすっきりしない。「呼吸」の潤也もそうだけど、世の中に
個人一人で立ち向かおうとする、集団真理とかに危険を感じて行動を起こすとか、背筋がゾッと
する話だからというのもある。

この作品は「魔王」「呼吸」とい中編の二編。「魔王」は兄の安藤、「呼吸」は弟の潤也の話。
二人は些細な超能力を持っていた。兄は、腹話術と呼ぶ自分の念じた事を他人に喋らす事。
弟は10分の1の確率なら当てる事。この超能力で世の中を変えようとする。

二編は、どちらも中途半端に終わり含みを持たせるというか、まだ話しの中途である。
結構、怖い話であるが、オチがないので面白味が薄くすっきりしない。
関連作品として「モダンタイムズ」があるらしいので、読んでみたいと思います。

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック