2018 03 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2018 05

転生したらスライムだった件(3) / 伏瀬

kage

2017/12/30 (Sat)

あらすじ。

魔王襲来。果たしてどうなる?

感想。

シリーズ第三弾!今回はオークロードとの対決で波紋が広がった。その後である。
魔王がジュラの大森林に目を付け、あのゲルミュッドを操りけしかけていた。
そんな中、魔王ミリムが魔物連邦へ襲来。いきなり最古参の魔王の一柱との対決か?
と思ったが・・・。

魔王ミリムが実はすごく賢いが、幼女でもあるので、大人のリムルの対応であっさり
仲間というか親友に。これは流石にご都合主義が激しすぎると思ったが、ま、読んでいて
ストレスがないのでいいのだが、面白いという観点では少し物足りない。

そして魔王クレイマンがフレイに貸しを一つ作り、フレイを1つ意のままに動かすことを
出来るようにした狙いは何なのか?クレイマンが何を考えているのか、まだ見えません。
そもそもの魔王の目的は勢力拡大とか魔王も数名いるからその中での覇権を掴むこと
だと思われるが、政略とかには有りだが、単純なワクワク感は湧いてこない。

そしてカリュブディスをも喰らい新たなスキルも獲得したリムル。ミリムも魔王と認めて
もいいというぐらいだ。インフレが激しいが、この物語のひと先ずの目的は魔物連邦の
繁栄なのかな?その辺が曖昧なので読者としても爽快感が曖昧です。

クレイマンがいう「あのお方」とはまだ魔王の上の存在がいるのか。気になります。
次巻を読むのが楽しみだ。

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック