2018 03 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2018 05

西の善き魔女(5) 闇の左手 / 荻原規子

kage

2017/12/11 (Mon)

あらすじ。

異端の研究者の下で過ごしていたフィリエルは、砂漠を越えて進軍してくることは不可能な
はずの東の帝国軍に出くわし捕らえられてしまう。竜騎士ユーシスは、ルーンの作戦を
聞きいれ、母国を守るため、十倍を超える帝国の兵団と壮絶な戦いへ……。

感想。

シリーズ第5弾!本編最終巻となります。レアンドラが来てどうなるのかと思ったが、思った
より話せるやつであった。帝国を斥けるルーンの作戦も見事!

女王や国の成り立ちについての秘密も判明。元々ファンタジー作品であるが、SFでも
あるんだなって感じだ。まさかの初代女王の船が時間の隙間に落ちて異世界へ漂着
したということ。星は竜が先住民であり、そこから人間が暮らし始めた。

最後は女王が誰になるかも当然言及されている。現女王が下した判断は、レアンドラと
アデイルとフィリエルの三人制の女王を敷くことで進めて行くらしい。古来より女性が
複数で国を統治することは不可能ということであるが若い力を感じたのだろう。

読んでから時間も立ち、感想もあまり思い出せないが、総評は巻数も丁度いいし話も
面白い。おすすめ出来る作品です。レッドデータガールより好きです。

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック