FC2ブログ
2018 08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2018 10

アイネクライムナハトムジーク / 伊坂幸太郎

kage

2017/11/30 (Thu)

あらすじ。

ここにヒーローはいない。さあ、君の出番だ。奥さんに愛想を尽かされたサラリーマン、他力本願で恋をしようとする青年、元いじめっこへの復讐を企てるOL…。情けないけど、愛おしい。そんな登場人物たちが作り出す、数々のサプライズ。

感想。

伊坂作品、2作品目。恋愛をテーマにしたということで全編そんな感じです。始めのうちは
恋愛と言っても劇的でもなく平凡な感じで短篇的な進め方なので自分には合わないのかな~
と思っていたが、最後に行くにつれ色々な繋がりが出てきて伏線の回収も伊坂氏の醍醐味
を味わえて良かったです。

ストリートの斎藤さんは面白いなと思ったら、モデル?は斉藤和義さんだったとは。
最初に出てきた佐藤の恋人は、あの警備員?でいいのかな?気になるところですが多分
そうだと思います。あと、クレームの撃退法が面白かった。リアルでは問題が起こりそうなので
使用は出来ないと思いますが効果はあると思います。

小野があの中学生との劇的な再会は胸が熱くなった。そしてインタビューの司会者までもが
繋がりで成長をしていたとは。人生はいつ転機が訪れるかは分かりませんが、いい出会いが
あればそれもいい方向へ行くのだなとしみじみ思った。

自分はぼっちなのですが、いつかいい出会いがありますようにと願わずにはいられない。
ま、受動的じゃいけないんだけどね。また、伊坂作品を読もう。

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック