2017 06 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 08

エウロパの底から / 入間人間

kage

2017/07/15 (Sat)

あらすじ。

私は小説家だ。そしてこれは私の小説だ。私が心血を注いだ惨殺があり、私が身を削るように描いた苦悩がある。
文の始まりから果てまで、すべてが私だ。だから、私は『犯人』ではない。私は、小説家なのだ。

感想。

著者の作品はここ最近は全てメディアワークス文庫で読んでいる。なぜなら著者は他では
ほぼ電撃文庫で書いているが、電撃からほとんど出していない、「安達としまむら」以外は
刊行が止まっているはず。

本作品は、小説家が書く小説通りに殺人事件が3件も起きる。なぜなのか。そのような
出来事のきっかけ?は内科の医師の研究している才能の蘇生である。

なぜ殺人事件の1件目の殺人犯と組むのかが理解が出来ない。麻里を助けるために
やむを得ないのは分かるが。自分が小説を書いて麻里の居場所を突き止めるのは
良かった。しかし、女刑事から逃げたのもどうかな・・・。利用したり寧ろ女刑事と組んだ
ほうが現実的なのではと思う。

最終的にはオチは・・・、であるが、淡々と物語が進み起伏があるようでないので物語
の序盤中盤は読むペースが遅くなった。よくある題材であるが良いと思います。
主人公のモデルは著者?のような気がします。多分。

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック