2017 08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2017 10

僕の小規模な自殺 / 入間人間

kage

2017/07/02 (Sun)

あらすじ。

しがない大学生の俺のもとに、未来からの使者が来た。ただしその姿はニワトリだったが。
ニワトリが言う。『三年後に彼女は死ぬ』と。「彼女」とは熊谷藍のことで、俺のすべてだ。

感想。

超久しぶりに著者の作品だ。タイトルの内容からは想像も出来なかったが、SFだ。
未来からの使者に三年後に彼女が死ぬと聞き、阻止するべく動く。彼女とは付き合っていない。
ただ、髪の毛が好きで好きなだけらしい。

他の未来人も動物の姿で現代に紛れていた。犬、熊、蛇と。。それらと戦う主人公はなぜ
そこまで命懸けになるのかと思うも、彼女が好きならしかたないのか。
けど、蛇に噛まれて謎の病原菌に前倒しで感染し、三年後より前倒しで死ぬことになるだろう。
それは救ったというのか?

タイトルの意味が読んだ後でも判明しないのだが、未来人の未来帰還後のその後が気になる。
あらゆる雑菌を嫌う未来なら致命的な事だろう。

やや、バイオレンスな感じが少し気になったが、悪くない話だった。
もうブックオフに売ってしまったが、続巻が出る気配がないトカゲは未完になるのか。

この記事へのコメント

kage

確かにタイトルからSFとは想像しにくいですね。

結局、熊谷藍は主人公の努力虚しく、蛇にかまれて

3年よりも前倒しに亡くなってしまうのでしょうか?

未来人がなぜ人としてではなく動物の姿で紛れていたのかも

興味ありますね~

Posted at 22:42:04 2017/07/03 by WIND

この記事へのコメント

kage

この作品は思ったより淡泊でした。
未完の作品を完結してほしい。

Posted at 11:33:23 2017/07/04 by こげぱん

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック