2017 05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2017 07

真夏の方程式 / 東野圭吾

kage

2017/05/16 (Tue)

あらすじ。

夏休みを玻璃ヶ浦にある伯母一家経営の旅館で過ごすことになった少年・恭平。一方、仕事で訪れた湯川も、その宿に宿泊することになった。翌朝、もう1人の宿泊客が死体で見つかった。その客は元刑事で、かつて玻璃ヶ浦に縁のある男を逮捕したことがあったという。これは事故か、殺人か。湯川が気づいてしまった真相とは―。

感想。

面白かった。特に物語の終盤からが怒涛の勢いだった。前半部分はやや退屈な展開で
読むのが遅かったが、次第に惹き込まれていった。これも映像化されてるんだよね。
見てみたいな。

湯川がそうそうに何かに気づいたのは流石である。しかも早くも川端夫妻や成実や恭平
のことまで気にかかっているのは凄い。警察の地道な捜査も良かった。仙波は探し出し
たとことかいいね。

警察のヒエラルキーがあり、所轄の刑事、県警の捜査一課、警視庁の捜査一課、管理官
と登場して、警察も大変だと思う。それぞれの警察の立場での会話はなるほどと思うと
同時に登場人物の多さに少し疲れました。

好みとしては「容疑者Xの献身」のが良かったが、こちらも捨てがたい。最後の真相が
判明した時に湯川の行動がかっこいい。ほんとは子供嫌いの湯川がここまでするとは。
面白かったです。

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック