2017 09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 11

白銀ジャック / 東野圭吾

kage

2017/05/06 (Sat)

あらすじ。

「我々は、いつ、どこからでも爆破できる」。年の瀬のスキー場に脅迫状が届いた。警察に通報
できない状況を嘲笑うかのように繰り返される、山中でのトリッキーな身代金奪取。雪上を乗っ
取った犯人の動機は金目当てか、それとも復讐か。

感想。

「疾風ロンド」よりシリアス成分が多めでこちらも楽しめた。犯人を入江氏にミスリードしようと
しているのかな?と思ったが、あからさますぎてそうは思うとは思えなかった。ならば犯人は誰?
となるが、最後まで分からなかった。

索道部マネジャーである倉田が脅迫状に対して奮闘する。といっても二人の本部長や当然に
会社の社長の決裁ののちの行動になるが、現場責任者の倉田には歯がゆい部分もあるところだ
、なぜなら脅迫状のことは警察には通報できない。というのも警察に通報したらスキー場の営業
は難しくなるからだ。経営者の判断だ。

疾風ロンドでも出てきた根津と千晶。といっても疾風ロンドより先のこの作品であるから先に出る
のは当然だ。二人がいい味出している。いい雰囲気にはならないのが惜しいな。

結末は、大人の解決という感じだった。こうしないといけないというか、これしか解決はない。
しかし、倉田たち現場の人間の雇用が満足のいくもので良かった。

この記事へのコメント

kage

面白そう!!

>からさますぎてそうは思うとは思えなかった。ならば犯人は誰?
となるが、最後まで分からなかった。

こげぱんさんほど、読み込んでいる人でもそうなんだと思ってしまいました。
警察に通報したくてもそれができないところも犯人の狙いというか
分かっていてだったのかなと思います。

こういうのって読みだしたら止まらなさそう。

Posted at 19:24:51 2017/05/07 by WIND

この記事へのコメント

kage

東野圭吾は安定して面白いからいいですね。
作品数も多いから、まだまだ読んでいない作品が
多いので楽しみです。

お互い資格に向けての勉強も頑張って行きましょう!

Posted at 17:44:59 2017/05/08 by こげぱん

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック