2017 09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 11

ガリレオの苦悩 / 東野圭吾

kage

2017/04/07 (Fri)

あらすじ。

“悪魔の手”と名のる人物から、警視庁に送りつけられた怪文書。そこには、連続殺人の犯行予告と、帝都大学准教授・湯川学を名指して挑発する文面が記されていた。湯川を標的とする犯人の狙いは何か?常識を超えた恐るべき殺人方法とは?邪悪な犯罪者と天才物理学者の対決を圧倒的スケールで描く、大人気シリーズ第四弾。

感想。

ガリレオシリーズ第四弾!今回は短篇集。今巻から内海刑事という女性が登場します。ドラマで
は柴咲コウが演じてたらしい。当初より草薙刑事でしっくりきてて、内海刑事が出てどうなるかと
おもったが、何かしらのスパイスというか物語の幅が広がったような気がします。

操縦るや攪乱すは湯川の恩師や同じ科学者という立場の人が出てきて、話が短篇とは思えない
内容の濃さに唸らされた。どちらも当然、科学を基にしたトリックで湯川の推理が炸裂して爽快
でした。

ダウジングの話は、JCが嘘をついていたという事で科学的な解決方法ではないのが少し残念。
でも、心の背中を後押ししてくれるというダウジングにそう意味付けした湯川には温かさを感じた。

今回も面白かった。また次もかりてこなっくちゃ。

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック