2017 09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 11

容疑者Xの献身 / 東野圭吾

kage

2017/04/03 (Mon)

あらすじ。

直木賞受賞作

感想。

ガリレオシリーズ第三弾!にして初の長編。圧巻でした。二人の天才の対決には唸らされた。
そして、些細?なきっかけから人を好きになり、これほど愛情を注げるのか、愛することができる
のか、全てを捧げ犠牲にできるか、を見せられ感嘆し、純愛の物語であった。

元夫を殺害してしまった花岡母娘。それを巧妙に隠ぺいした高校の教師の石神。容疑者の周辺
を聞き込みしている中で花岡の隣に住む石神を知る。その石神は帝都大学出身。そのことを
湯川に話したら、湯川の同期であり彼に会いたいと言う。そこから・・・。

石神のアリバイ工作は見事だ。アリバイに注意を向けて実は奇想天外なトリックで警察を
欺く頭脳は天才である。それを見破る湯川はさらに凄い訳だが。

間違いなく傑作である。石神の純愛にある意味、憧憬すら覚えた。自分は独身長いし、愛する
ということはどんなことかよくわかりません。人を愛するという事は偉大ですね。

いつか、TSUTAYAでDVD借りて映画を見てみたいです。さて、次の第四弾を借りてこなければ。

この記事へのコメント

kage

愛って難しいです。

三弾、読破しましたか!

長編はやっぱり違いますよね~

小説とか物語って久しく読んでいないです・・・。

資格試験勉強やめて、読んでやろうかとか思うことも。(笑)

愛するってどういうことなんでしょうね。

まぁ、いい歳しているから、ドキドキとかはないと思いますが・・・。

>さて、次の第四弾を借りてこなければ。

おっ! 次行ってみますか!

Posted at 19:15:27 2017/04/03 by WIND 

この記事へのコメント

kage

長編はいいですね。
第四弾も借りてきました。
楽しみです。

Posted at 16:55:30 2017/04/04 by こげぱん

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック