2017 04 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 06

ペテロの葬列(下) / 宮部みゆき

kage

2017/02/25 (Sat)

あらすじ。

杉村三郎らバスジャック事件の被害者に届いた「慰謝料」。送り主は?金の出所は?老人の正体は?
謎を追う三郎が行き着いたのは、かつて膨大な被害者を生んだ、ある事件だった。

感想。

下巻。上巻で散々に人間の闇に深入りはしてはいけないと思うも、下巻も読み惹かれてしまった。
下巻でも人間の闇が深く、毒が回りそうである。自死したバスジャック犯からの慰謝料の出所を
追う、被害者一同で。

詐欺師がすさまじく、マルチ商法の怖さはほんとに怖いな。被害者が自然に加害者になっている状況
が不幸の連鎖を産んでいる。暮木老人の過去も優秀なトレーナーであり、詐欺師であり、ある人物
をさらしあげた経緯がいや目的がいまいち自分は理解力が乏しいので理解が進んでないが、坂本
くんが、バスジャック犯人になったのは、ほんとに驚いた。

しかし、ほんとに驚いたのは菜穂子である。今までの菜穂子からは考えられないことをしでかした
ので三郎が気の毒だ。菜穂子は体が弱く、父親の庇護の下で不自由なく暮らしていて自分でも
一人では生きているという状況ではないのは理解している。しかし、やきもちやきだといっても浮気を
するのは三郎が救いがない。三郎の人生を返したい、やり直すには一度離婚して離れる。
三郎もやり直すことを考えているのか?

しかし、杉村三郎シリーズは救いがない。人間の闇の深さがエグイ。早速、最新刊も読まねば。

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック