2017 08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2017 10

恋愛ヒーロー(2) / 青海間司

kage

2017/02/17 (Fri)

あらすじ。

『恋愛なんて、ゲームと同じ』・・・その持論を同期の圏外女、羽村澪に崩されてしまった長瀬
恭。自分自身の変化に驚きながらも澪との距離を詰めていく日々は、やきもきしながらも
悪くないものだった。

感想。

2巻にして最終巻。正直に全然面白くない。基本設定は、リア充な男が圏外女にハマっていく
、その過程を描いている訳だが、全然、話に惹きこまれない。なぜなのか?
それは、物語に起伏が乏しく、一方的な俺様主人公の姿、さらに弱音を吐くときもあるが、
それがうざくすべてにおいて共感が持てない。編集者仕事してるのか?と言いたい。

この巻で主人公に好意を寄せる御園京香という女性が出てくるが、それが大したことが
なかった。澪がやきもちを焼いたことは良いのだが、主人公がこの女性に揺れないのがいまいち。
主人公の澪への気持ちがブレないのは好感もてるのだが、逆に気持ちが揺れて、やっぱり
澪がいいと再確認するという工程もあったほうがいい気がした。それではラノベらしい展開
過ぎるかなあ~、いやでもその方が共感も得られやすい。

タイトルの恋愛ヒーローもしっくりこないな。ま、そこは置いといて。
あらすじを読んで本屋で衝動買いをした作品だが、失敗だ。やはり衝動買いは極力控えた
方がいいな。

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック