2017 04 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 06

ぼくは明日、昨日のきみとデートする / 七月隆文

kage

2017/02/05 (Sun)

あらすじ。

京都の美大に通うぼくが一目惚れした女の子。高嶺の花に見えた彼女に意を決して声をかけ、
交際にこぎつけた。気配り上手でさびしがりやな彼女には、ぼくが想像もできなかった大きな
秘密隠されていて。

感想。

映画化もされ、原作も100万部突破した作品。半年以上待って図書館で借りれた。著者の作品
は「君にさよならを言わない」を読んでいる。そしてラノベの庶民サンプルを書いた人でもあり、
読み易さには経験がある。題名から、そしてタイムリープものかな~と読んでいても伏線が
分かりやすく想像もついた。ただ、設定が想像と全然違い、頭が設定に馴染めないという頭が
悪く理解が覚束ない。

一目惚れした女の子をナンパして交際にこぎつける。彼女と一夜を共にした日、彼女が自宅に
メモ帳を忘れて行った。そこには未来の自分との出来事が簡単に書いてあり・・・

時間が主人公と女の子が逆方向に進むという難しくて簡単なでも思いつかない設定で唸らされた。
主人公が子供の頃の震災をおばさんだった女の子が救う。主人公が大人な頃に屋台での爆発
から子供の女の子を救う。どっちが先か後かこんがらがるし考えてしまう。

タイムリープものSFは名作が多い。アニメでも小説でも。自分も大好きである。
女の子はパラレルワールドの住人で五年に一回しかこちらの世界にはこれない。
そんな中でお互いが同い年なのは今だけ。

面白かった。庶民サンプルみたいにラノベも書いてほしいが、このまま一般の大衆文芸方面
での作品でまた面白いものを書いてほしいものである。

この記事へのコメント

kage

映画館で観てきました。

テレビで観たCMが気になって、あとタイトルも気になったので
映画館で観てきました。
最初はよくわからなかったところが繋がると・・・。
なるほど!と。
タイムリープものに名作が多いのは、誰もが感じるあの頃の思い出や
時間の大切さを思い出させてくれるからかなと思います。

Posted at 21:32:26 2017/02/06 by WIND

この記事へのコメント

kage

映画見られたのですね。羨ましいです。
映像化してもいい作品になりそうで是非見てみたい
ものです。
DVD出たら借りようかな

Posted at 10:09:48 2017/02/08 by こげぱん

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック