2017 07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 09

十二人の死にたい子どもたち / 冲方丁

kage

2017/01/10 (Tue)

あらすじ。

廃業した病院にやってくる、十二人の子どもたち。建物に入り、金庫を開けると、中には1から12までの数字が並べられている。この場へ集う十二人は、一人ずつこの数字を手にする決まりだった。初対面同士の子どもたちの目的は、みんなで安楽死をすること。病院の一室で、すぐにそれは実行されるはずだった。しかし、十二人が集まった部屋のベッドにはすでに一人の少年が横たわっていた。彼は一体何者なのか、誰かが彼を殺したのではないか。このまま計画を実行してもいいのか。この集いの原則「全員一致」にのっとり、十二人の子どもたちは多数決を取ろうとする。

感想。

久々の冲方作品。ここ最近の著者は時代小説をよく出していて、それを読むのが楽しみでもあったの
でまさかの現在劇でびっくりでした。個人的にはまた時代小説も読みたいのでそこは期待したい。
今回はサスペンス的な社会派と思ったが、ミステリーだった。そして最後に救いも用意されていて
それは予想外でした。サトシ的には予想内ということになるが。

ネットでサイトを見て試験に通ると廃病院への案内が。安楽死したい十二人の子供たちが集う。
そこには既に十三人目がベッドに横たわっていた。死んでると思った全員は不思議がり、このまま
安楽死したら十三人目を殺したと世間に思われると困るので話し合いをすることに。

メイコが物語の前半と後半で豹変したといってもいい。ま、目的である安楽死がいつまでたっても
話し合いが続き出来ないので苛立つのもわかる。皆、死ぬのなら綺麗に納得して死にたいと
いうことだろう。ケンイチは常にナイスな疑問を呈していたが少しくどい感じもした。

みな、死にたくなるような動機を抱えた子供たちばかりであるも、最後は十三人目を連れてきた
人やその十三人目をベッドもまで運んだ二人などの行動や動機でさらにそれを推理する解決
する工程で、みなが死にたい願望から生きる決意を見出すところまでが上手くできている。
シンジロウがやっぱりすごいな。すべてを解決したというのもある。

一つ気になるのは、車椅子に乗った十三人目をあっさりベッドに運んでアリバイ工作みたいな
ことをしたこと。確かに十二人以外に見られたらまずいの隠す意味でも廃病院へは入れる
こともあるが。そこは読んでいておや?と思った。

しかし、総評は面白いです。読み応えがあります。著者の筆力が感じられます。

この記事へのコメント

kage

面白そうですね

一人多いだけの設定は昔からありますけど、安楽死(綺麗に楽に死にたい)というのが現在っぽい感じで良いですね。
12人いればそれぞれ死にたい理由もそれだけあると思いますが、それが全員生きる希望にどうやって変わっていったのかその心理描写にも興味があります~

Posted at 22:35:27 2017/01/11 by WIND

この記事へのコメント

kage

ミステリとしてもよくできています。
面白かったです。

Posted at 05:41:34 2017/01/12 by こげぱん

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック