2017 10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2017 12

ヒア・カムズ・ザ・サン / 有川浩

kage

2016/12/23 (Fri)

あらすじ。

編集者の古川真也は、特殊な能力を持っていた。手に触れた物に残る記憶が見えてしまうのだ。
ある日、同僚のカオルが20年ぶりに父親と再会することに。彼は米国で脚本家として名声を
得ているはずだったが、真也が見た真実は。

感想。

この作品は、たった7行の大まかなあらすじから作られた物語である。舞台化もされた。
そして小説版の執筆は自分の好きな作家さんでもある有川浩氏である。しかも小説版には
パラレルと題して設定は同じでも全く内容の違う物語も収録されており、2本とも読み応えがあった。

一本目の方は、真也の同僚のカオルが米国で名声を得ている脚本家の父に20年ぶりに再会する
という。しかし、そこには意外な真実。真也はサイコメトリー能力があり、父親からの手紙から強烈
な想いを読み取る。謎は言わないが、仕事人としては良いが、家庭人としてはね・・と言わざるを得ない。

二本目は、パラレルで、こちらはカオルの父親は嘘ばかりついている人。しかし、カオルの父親想い
、父親の娘想いなど家族の絆がいいな~と思った。

どちらも中編というボリュームなのでエピソードも日常で埋められる部分も多い。
著者はベタ甘の恋愛物も得意とするが、今回はそういう要素が少ない。ちょっと欲しかった。
また、三匹のおっさんやフリーター、家を買うみたいな個人的なしっくりくるものがなく、総評は
普通である。そのうち時間があったら再読してみて、また何か感じる思いも出てくるかもです。

この記事へのコメント

kage

この小説は知らないですが

物を触って記憶が見えるという話は、漫画のサイコメトラーEIJI
という漫画が真っ先に思いつきました。(笑)

パラレルな世界もでてくると中々面白そうではありますが。
得意分野で発揮できなかったのは、ちょっと残念ですよね。

Posted at 18:41:17 2016/12/24 by WIND

この記事へのコメント

kage

サイコメトラーえいじは自分も好きでマガジンは欠かさず読んでました(笑)
この作品はサイコメトリーはスパイス的なものなので漫画ほどのインパクトはありませんでした。
著者の良い部分が少ないと感じた作品でした。

Posted at 21:37:00 2016/12/24 by こげぱん

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック