2017 05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2017 07

お兄ちゃんだけど愛さえあれば関係ないよねっ(10) / 鈴木大輔

kage

2016/11/07 (Mon)

あらすじ。

那須原さんの衝撃発言によるあれこれと、まさか全国生中継となった「アナとあっきー」漫才
デビューの顛末については、これはもう本を読んでもらうしかないとして。怒涛の夏休みが終わり
、季節は秋。そう学園祭の季節である。

感想。

シリーズ第10弾!前巻から2年近くも間が空いてしまった。それだけ刊行の感覚も空いている
のもあるが。正直言ってつまらなかった。今回はアナスタシアの回であったが、アナは確かに
可愛かったが、理屈っぽい役割は銀兵衛だし、少しトリッキーな発言をする人になっているの
であるがそれが個人的にシュールというと聞こえはいいが良くない。

アナの告白もあり、そして学園祭の準備の回でもある。とうとう新藤光太郎の正体を世間に
明かすことになる流れだ。今考えると覆面作家の必要性が少なかったな。いや、物語に
影響が少なかったというべきか。

文化祭実行委員長とのラストの引きでは、衝撃的だったがまだ物語の着地地点が一向に
見えてこないなかでのこの引きはどうなの?インパクトは大きいが。またハーレム要員が
増えるのかな?

この作品は、やはり秋子の可愛さで持っているのが分かった。セリフが多いのはラノベの
特徴でもあるが、そのセリフが面白くない。秋子以外は。なんとかしてくれ。
そういえば11巻で刊行が止まっているみたいだがまだ完結してないよね。完結してない
ってだけで駄作だよね。アニメ化までしたのに商業的に打ち切りととかか?
早く完結してほしいです。

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック