2017 09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 11

精霊使いの剣舞(12) 封剣解放 / 志瑞祐

kage

2016/10/08 (Sat)

あらすじ。

<精霊剣舞祭>閉幕から一週間。<精霊王>の祭殿で起きたあの出来事以来、ずっと意識を
失っていたカミトが目を覚ました。安堵して泣き出すクレア。しかしそんな彼女に向かってカミト
は残酷な言葉を口にする。

感想。

シリーズ第12弾!新章の始まりです。ブレイドダンスでレスティアを自ら手で殺めてしまった
カミトは記憶喪失になっていた。教導院までの記憶しかなく、学院で目を覚ますカミトは滑稽
でした。しかし、物分かりが良すぎるカミトがちょっと都合良すぎたかな・・・。

精霊大祭も女装したカミトはやはり美少女だったか。エリスが婚約者だ!といったところは
エリスやるなと思った。エリスの例の鎧は表紙ですがいいですな~。目の保養目の保養。

異界の闇を宿した枢機卿が暗躍している訳ですが聖国が裏で糸を引いていると思うのですが
やはり魔王の件が大いに関係しているのだろう。エストを欲しがるのもその一旦か。

しかし、この作品、文章がスカスカなので読み易く頭からっぽで読めるな。今、刊行が遅いが
困るが早くペースを上げてほしい。

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック