2017 07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 09

Re:ゼロから始める異世界生活(9) / 長月達平

kage

2016/10/07 (Fri)

あらすじ。

ペテルギウス・ロマネコンティとの死闘に敗れ、再び時を遡ったナツキ・スバル。激戦の影響
冷めぬままに、舞い戻った世界でスバルは仲間たちと共に大罪司教攻略のための作戦を練る。
他者の肉体を乗っ取る邪悪、その目論みを打ち砕くために。

感想。

シリーズ本編第9弾!面白かった。手に汗握る展開にやっと長かったスバルの絶望も光を
見たかと思った。ただ、ネットで言われていた「レム誰」というのがこの巻で分かりました。
自分は最悪を想像していてレムが死んで記憶がだれからも消えたかと思ったが。

ペテルギウスに敗れたスバル、死に戻りしたが、今度はセーブポイントが違って安心した。
また、白鯨からやり直しかと思ったよ。これでセーブポイントは必ず同じところではないのが
分かったな。若干都合がいいも、この方が良き気もするな。

先に指先を潰して最後に本体を倒す。いい作戦ね。しかし、スバルの体に案の定乗り移って
きたペテルギウスを追い出したのは魔女でいいのかな?そうだよね。結局、大罪司教とは
ただ自己満足で信仰しているのかな?しかし、大罪司教の権能は寵愛の賜物なのかね。

ここにきてエミリアがヒロインしているが。大概の読者はレム応援しちゃうよね。普通。
しかし、そのレムが新たな大罪司教にやられるのは不憫だ。レムが何したというのか。

次は某アンケートで一番人気の第4章みたいなので期待大だ。

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック