2017 04 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 06

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか / 大森藤ノ

kage

2016/10/02 (Sun)

あらすじ。

迷宮都市オラリオ、『ダンジョン』と通称される壮大な地下迷宮を保有する巨大都市。未知という
名の興奮、輝かしい栄誉、そして可愛い女の子とのロマンス。人の夢と欲望全てが息を潜める
この場所で、少年は一人の小さな「神様」に出会った。

感想。

面白かった。アニメは視聴済みなので内容は分かってはいたが、なんか新鮮に楽しめました。
ベル君もヘスティアもひたむきに物事を頑張りお互いを大切に想う気持ちが熱く心を刺激さ
れました。

祖父のいう事でダンジョンには出会いがあるという事を信じて冒険者にベルくんはなる。
祖父も亡くなったので生計を立てる意味でも冒険者という道を選択したのもあるのだろう。
数々のファミリアになることを拒まれるも、ヘスティアの眷属になる。これはいい出会い。
ロキとかのファミリアになっても下っ端した役回りしかないしな。

アイズという強い女性に憧れ、その人みたいに、その人の隣で冒険できるようになるために
強くなりたいと憧れる。その憧れがスキルを発現させる。これがレア。成長速度が抜群だ。
これはヘスティアも嫉妬しちゃうよね。

ベル君のヘスティアへの想い、アイズへのあこがれ、強くなりたいという気持ちが物語を
面白くする。これからも楽しみだ。はやく次巻を読もう。

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック