2017 06 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 08

ストライク・ザ・ブラッド(9) 黒の剣巫 / 三雲岳斗

kage

2016/08/03 (Wed)

あらすじ。

ブルーエリジアムは、”魔族特区”絃神島に新たに建設された増設人工島。ホテルやプール、
遊園地などを擁する最新のリゾート施設である。正式開業前のその島に無料で招待された
はずの古城たちは、矢瀬の策略によって、なぜか過酷なアルバイトに駆り出されることに。

感想。

シリーズ第九弾!前の巻の過去編が終わり物語も通常営業になった。今回は神話時代の
生物兵器が出てくる。魔獣という概念をしっかり描きたかったとい著者のあとがき通りに
しっかり描いている。正直、個人的にはそこはどうでもいいですが。

今回は、太史局という獅子王機関と同じ政府系の機関が登場。こちらの方は絃神島の
沈没を目論んでいるという危ない機関だ。しかし、霧葉という手練れがいて古城たちも
思うようにはいかない。この機関は一体何を企んでいるのか。今後の展開が気になる。

そしてこん巻のヒロインは夢魔という希少な魔族で小学生。古城さんは、行きがかり上
ああいう発言をしてもやむないとは思うが、完全に少女は誤解してますよね。古城さん
は小学生にもフラグを立てるという無敵ぶりです。

雪菜さんは、胸を気にして拗ねるあたり可愛いです。雪菜さんは完全に古城さんを
好きなのがバレバレですが、古城さんは天性の鈍感さで全く気づきません。

新たな眷獣が登場した。インテリジェンス武器というかっこいいものが出ました。
姿は巨大な剣でしたが。強力な強さですが、流石の神話時代の生物兵器は一味
違う。完全には倒せなかったが沈黙はさせた。第四真祖の眷獣もまだ半分くらい?
この先が楽しみです。

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック