2017 02 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 04

危険なビーナス / 東野圭吾

kage

2017/03/23 (Thu)

あらすじ。

弟が失踪した。彼の妻・楓は、明るくしたたかで魅力的な女性だった。楓は夫の失踪の原因を探るため、資産家である夫の家族に近づく。兄である伯朗は楓に頼まれ協力するが、時が経てばたつほど彼女に惹かれていく。

感想。

東野圭吾は安定して面白い。しかし、東野圭吾ということでハードルが上がり期待値も高い。
だからこそワクワクしながら読んだが、過去作品に比べると面白さはややいまいち。
しかし、フラクタルとかウラムの螺旋とか興味を引かれるものもあり、そして色々な謎も
散りばめられそれが最後にね。

異父弟が行方不明に。その妻と名乗る女性から主人公の伯朗に一緒に探してくれと言われる。
そしてその失踪が矢神家と関係があると睨み、相続で問題が発生している所に乗り込んだ。
矢神家のアリバイを確認していくうちに、伯朗の実家の家に秘密が・・・・。

人妻に惹かれていく伯朗はあからさますぎて、どうなることかと思ったが最後のオチに
まだ関係は続くんだと思った。そして、楓が明るく行動力もあり魅力的に映るのだろう。

矢神家は一昔前の金持ちの家族関係という感じで、やや古臭さを感じた。そして後天性サヴァン
症候群という人工的に天才を作る技術を研究により発見。しかしそれは物語を彩るスパイス。
本当はその患者が描く絵が問題だった。
しかし、あの家族で明人は良い人間に育ったものだ。伯朗の実父に拘りがあるのは連れ子
あるあるかな~、複雑だ。

東野圭吾は面白いのでまだまだ他の作品も読みたいと思います。