2017 01 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28. »  2017 03

幻夜 / 東野圭吾

kage

2017/02/13 (Mon)

あらすじ。

1995年、西宮。父の通夜の翌朝起きた未曾有の大地震。狂騒の中、男と女は出会った。美しく冷徹なヒロインと、彼女の意のままに動く男。女の過去に疑念を持つ刑事。あの『白夜行』の衝撃が蘇る!

感想。

やっぱ、東野圭吾は面白いなという感想が一番だった。そしてこの作品は「白夜行」の続編とは
よく言われている(ネットでは)。そういう言われは読んでみて分かった。登場人物は全く違うが
話の構成は同じだからである。夜を歩く二人のうち男の方が死んでしまうのも同じだ。

大震災を生き残った男と女。二人は汚い事をやりつつ表の道を歩く。主に表は女で裏は男。
「白夜行」と違うところは、男の犯行が「幻夜」ではすべて暴露されているところだ。確か「白夜行」
では仄めかしているだけで暴露まではしていないはず。

雅也が美冬一筋が徹底している。雅也が美冬が自分を利用していて自分の人生を棒にした
女だと分かっていながら最後は刑事を道ずれ?にして死んでしまう。美冬騙されたままでも
自分を必要としてくれるという部分や大震災を二人経験した共感からくる連帯感、愛した女性
に対する幸せにしたいという男性の気持ち、様々な思いが雅也を駆り立てたのもしれない。

しかし、「白夜行」の雪穂も凄かったが、美冬も凄い女性だ。賢くて強かで強い。おまけに
美人ときた。完璧だ。今後の美冬の行く末や目的は何なのか、何が美冬を駆り立てるのか
など気になることがいっぱいだ。しかし、ここで終わるのが丁度いいのだろう。

東野圭吾作品もまだまだ読んでないのが多いので、マメに図書館で借りて読んでいこう。