2012 03 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2012 05

鳩子さんとラブコメ / 鈴木大輔

kage

2012/04/30 (Mon)

僕こと平和島隼人は、平和島財閥の跡継ぎ候補。いずれ財閥のトップに立つべく、メイドの鳩子さん
から帝王学を学ぶ日々なんだけど・・・・・・。

感想。

MF文庫Jの略称「おにあい」の作者の新シリーズ。読んでいてSの鳩子さんに弄られまくり基本
ツンツン多目で押すラブコメかー、とか、杏奈はかませ臭のする幼なじみキャラかー、とか思った
けど、まあ、そうなんだけど・・・・・・、1巻だから当然序章扱いだろうけど鳩子さんとのラブコメの
今後のもっていきようがこの先の成否を分けそう。1巻で掴みはOKだと感じた。

それは、この物語の最終局面的な言葉を1巻の終わりにぶっちゃけたからに他ならない。この構成
は上手いと思った。それによって鳩子さんとのラブコメのニヤニヤ度が大きく違うからである。前半戦
は鳩子さんのS無双で、隼人もちょっとよわっちい印象だったが、後半戦から隼人も平和島の帝王学
を逆手にとって鳩子さんとほぼ対等に話し合う所が良いし、何より隼人も鳩子さんへの強い意志を
感じた所も良かった。

杏奈に関しても、鳩子さんといい感じの三角関係になりそうな”肩書き”を手に入れるのでそこを
上手く料理して欲しい。隼人にすでに惚れているが鳩子に直ぐにやりこまれるのでライバル的に
は好き好きパワーで好敵手にならないと辛い。

しかし、鳩子の”肩書き=属性”が多いこと多いこと。メイドで妹で従兄妹で幼なじみで鬼教官で
クラスメイトで生徒会長で平和島財閥の後継者候補の競合者でと。すごいよこれ。詰め込みすぎ
だよ。まあ、面白ければいいんだけど。「おにあい」のようにワンパな展開にならない様に願う。

にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ


鳩子さんとラブコメ (富士見ファンタジア文庫)鳩子さんとラブコメ (富士見ファンタジア文庫)
(2012/02/18)
鈴木 大輔

商品詳細を見る