2017 10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2017 12

カテゴリ:GA文庫 の記事リスト(エントリー順)

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか外伝 ソード・オラトリア(2) / 大森藤ノ

kage

2017/09/29 (Fri)

あらすじ。

真っ赤な血に染まる部屋、むせ返る鉄の臭い、そして頭部を潰された凄惨な冒険者の骸。
怪物祭の騒動を無事に解決したのも束の間、アイズ達は謎の殺人事件に巻き込まれてしまう。
調査に乗り出す彼女達は、上級冒険者を手にかける凶悪な殺人鬼を追っていく内に、都市と
迷宮を揺るがす事柄に直面する。

感想。

外伝シリーズ第2弾!アニメで見ているので映像が頭に浮かんだ。ただ、ウダイオスとの戦闘
などアニメと違うとところもあったんじゃないかな~と薄くなった記憶と照らし合わせていました。
最後にベルくんに膝枕と本編との同じシーンで時系列を共有したところもいいオチでした。

アイズの母親がアリアというのはアニメですでに知っているが、ほんとに謎の赤髪の女が
どういう繋がりでアリアを知っているのか興味深いです。そしてウラノスが陰で動いている。
ハシャーナはウラノスの眷族だったのか。ギルドの長が何を企んでるのか。

ロキ・ファミリアのトップ三人、リヴェリア、フィン、ガレスは凄いな。レベル6だろうけど、強い。
アイズがレベル5だから、更に上になる。が、今回ウダイオスを倒し、確かレベル6になるはず。
これで赤髪の女とほぼ互角に戦えてた筈、アニメでは。

いつか本編のベルくんとの話がクロスして交わり面白くしてほしいですね。次巻も楽しみ。

のうりん(13) / 白鳥士郎

kage

2017/08/16 (Wed)

あらすじ。

俺の名前は過真鳥継。岐阜県の農業高校で寮暮らしをしている。同じ寮生の木下林檎が
姿を消し、親友の畑耕作がショックを受けると思ったんだが・・・。その耕作が次期生徒会長
に立候補すると言い出した。

感想。

シリーズ第13弾!林檎が東京に行っていて寂しい日常ですが、ベッキーの暴走や農林電話
相談などのイベントもあり楽しくもありました。そんな日常でふと林檎がいないと頭をよぎる
耕作たちだが、最後に林檎を迎えにいく決心と行動によくやったと褒めたいです。

「のうりん」はふつうに読んでいて面白いのですが、それと同じくらいに農業に関する色々
な知識が最新のものもあり勉強にもなります。地球温暖化によって良いことも悪い事も
あることも感心しました。が、結局、どうすることもできないということも。しかし、世界的には
温暖化を遅らせる取り組みはやっているのは分かる。

ベッキーのバレンタインデー禁止の暴動は非モテの自分からしたら賛成ですが、女子の多い
田茂農林ではそうはいかない。しかし、これの暴動時にとうとう継と胡蝶がカップルになった
のは良いことだ。随分引っ張ったもんな。

しかし、この巻はやたらBLを押していたな。腐女子の購買層を取り込みたいのかな。しかし、
完全に男子向けのこの作品だから無理だろう。やたら推すのでちょっとしつこかったが。

次は最終巻。どういうふうにまとめるのか楽しみ。しかし、もうこの巻がでて1年になろうとして
いる。今はりゅうおうのおしごとがアニメ化決定だし忙しいのはわかるが、先にのうりん出してほしい。

俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる(7) / 裕時悠示

kage

2017/07/10 (Mon)

あらすじ。

【件名】契約解消【本文】今まで本当にありがとう。ヒメに偽恋人の件がバレて以降、「自演乙」
に様々な変化があった。

感想。

シリーズ第七弾!超久々にこのシリーズ読みました。前回は6.5巻でカオルの話だったはず。
結局カオルは双子なのか二重人格?なのか不明ですけど、いやもう記憶にないだけか。
さて本編では、真涼と鋭太との偽恋人が自演乙のみなにバレたということだ。

愛衣ちゃんがかなり積極的にアピールしてきた。健気でストレートなそのアピールは可愛いし
見てて応援したくなるが、チワワとの絆の深さがそれを断ってしまう。
やはり、学年一位にこだわる理由、医者になりたい理由は全てチワワのためだから。

おちゃらけている部分もあるが改めて読んでいると割とシリアスに物語を展開しているので
読んでていて安心できる。

刊行ペースがかなり遅くて今12巻?まで出ている。ストーリーはどこまで進んでいるのやら。
アニメ化もされ2期は多分ないが、再放送でもないかな。

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか(4) / 大森藤ノ

kage

2017/06/26 (Mon)

あらすじ。

「「「「LV.2~~~!?」」」」先のミノタウロス戦での勝利により、LV.2到達、世界最速兎となったベル。
一躍オラリオ中の注目・羨望を集めることとなった少年の元には、仲間への勧誘が絶えない。

感想。

シリーズ第四弾。今回はベルがいよいよ中層へ突入という場面で終わっています。そして今、
ベルが早着しているライトアーマーの製作者であるヴェルフが加わり、初の三人一組が完成した。
本格的なパーティーである。ベルも冒険者としていよいよ本格化したと感じた。

神々の二つ名の付ける神会は怖いな。しかし、中二病な名前は良い感じだけど、本人からは痛い。
俺修羅の暁の~が出てきたので、あれ?と思ったがやはり作者から許可を取っていたのか。

魔剣作りが出来る家系のヴェルフがいつかベルの為に魔剣を作る日がくるのかも注目だ。
けど、神様ナイフがあるから必要でもあるしないともいえるか。魔剣。

今回は短篇が二編入っていた。どれもいい話だった。特にベルがまだファミリアに入ったばかり
の時に、ヘスティアに髪留めをプレゼントするために頑張っているのは健気で良かった。

今回は、本編での小休止みたいなものだろう。次巻からまた新たな冒険が始まるのだろう。

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか外伝 ソード・オラトリア / 大森藤ノ

kage

2017/03/24 (Fri)

あらすじ。

【剣姫】アイズ・ヴァレンシュタイン。最強と名高い女剣士は今日も仲間達と共に、広大な地下迷宮
『ダンジョン』へと繰り出していく。

感想。

アイズ・ヴァレンシュタインの物語。そして当然ロキファミリアの物語も含まれる。時間軸は基本
本編と同じである。だから、ベル君がアイズにミノタウロスから救われたところなどもある。
アイズは風の加護、つまり魔法も使えるのだな。まさしく最強だ。

アイズも自分とベル君を同一視というか過去の自分と照らし合わせていたんだね。だから余計に
ベル君を気に掛けるのか。しかし、異様にアイズは強い。アマゾネス姉妹の明るいキャラクター
に物語の雰囲気もいいね。

そして本編ではフレイヤが黒幕的な存在であるが、今回も黒幕的な存在の神がいる。
そういうものが今後の展開がどう影響してくるのかは、まだ読めない。
が、アイズの最強物語とはいえ、ダンまちは熱い物語なので外伝も期待したい。

この巻は、本編の補完的なアイズ作品。だからというのではないが感想は少ないが、
面白く読めた。本編ともに読んでいこう。