2017 08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2017 10

カテゴリ:講談社BOX/講談社ノベルス/講談社文庫 の記事リスト(エントリー順)

眠りの森 / 東野圭吾

kage

2017/07/18 (Tue)

あらすじ。

美貌のバレリーナが男を殺したのは、ほんとうに正当防衛だったのか?完璧な踊りを
求めて一途に稽古に励む高柳バレエ団のプリマたち。美女たちの世界に迷い込んだ男は
死体になっていた。

感想。

加賀恭一郎シリーズ第二弾!面白かった。今回の舞台は閉鎖的な社会って感じのバレエ
の世界を描いている。加賀は探偵ではなく警察官なのでひたすら加賀の独白というか
一人称ではなく、でも加賀の視点でもある。そこが良いも悪いもある?どう?

加賀たちが思うようにバレエ団のメンバーは何か隠しているというのは正解だった。
事件の動機とか真相は隠されていた。始めの斎藤が殺した風間との後の事件の関連
が最後の方に浮かんできたのが良い感じだった。

このシリーズも読破しよう。ガリレオシリーズとは違う面白さがある。
本格推理ものという感じでいいですね。次も楽しみです。

悲衛伝 / 西尾維新

kage

2017/03/11 (Sat)

あらすじ。

遥か宇宙から、人類救済の策を練る、十四歳の英雄・空々空と九人の仲間たち。人工衛星《悲衛》
で科学と魔法の融合実験を繰り返すある日、少年の部屋に、自らを「月」だと名乗る女性が現れた。

感想。

伝説シリーズ第八弾!ラストが衝撃的だった。ここ2冊連続、話がコンパクトにまとまりいい感じだ。
今回は宇宙が舞台。どういう話になるのかと思いきや惑星が擬人化した姿と交渉を。確かに地球
と話したことのある空々なので、今回の惑星連中との話し合いもあるな。

月と名乗るバニーガール姿の少女から地球と人類の停戦案を提案される。そこで太陽系全て
の惑星たちから賛成を取り付けるために惑星たちと熾烈な折衝が始まる。すべての惑星から
内容の違いはあれど賛成票を貰った空々。そこで・・・

割と好きなこの伝説シリーズ。予定ではあと二冊で終了する。地球との決着は案外、予想外の結末
で終わるとは思うが、最近の西尾維新は話の過程が長くて結論というかオチがあっさりしている
ので予想外+あっさりが期待できます。

空々空の出番が後半少ない。四子が交渉劇に参加したからである。四子も実は地球と話した
ことがあるとのこと。地球と火星の戦争の関係、地球が人類を憎むわけ、気になります。

光待つ場所へ / 辻村深月

kage

2016/05/02 (Mon)

あらすじ。

大学二年の春。清水あやめには自信があった。世界を見るには感性という武器がいる。
自分にはそれがある。最初の課題で描いた燃えるような桜並木も自分以上に表現
できる学生はいないと思っていた。彼の作品を見るまでは。

感想。

「ハケンアニメ」以来に著者の作品を読んだ。辻村氏は人間の悪意を描かせたら本当
に上手いな。ぞくぞくくるし、心に不快感というか、こりゃリアルでも大いにあるなと
思わせる。そんな感じだ。この本は5編の短編集。では各篇の感想を。

■しあわせのこみち
絵に自信のあった清水あやめは、大学の課題で自分の描いた絵より優れた動画を
見せられ、その作者に興味を持つ。この作品は、最後にはあやめは報われるが、それ
までの過程は、まあまあで良かった。

■アスファルト
良い人だった人間が少し悪意を覚えたような話。それほどでもない話。

■チハラトーコの話
この話が一番良かった。売れないモデルの葛藤の話。嘘で塗り固めた人間、チハラ
トーコ。最後には、端役に応募を決意する様は悪くはない。

■樹氷の街
ピアノは弾けるけど上手く弾けなくてピアノの名手のクラスメイトに自由曲を交代して
しまう話。この話も、人の感情が上手く書かれている感じ。良かったです。

占星術殺人事件 / 島田荘司

kage

2016/04/05 (Tue)

あらすじ。

密室で殺された画家が遺した手記には、六人の処女の肉体から完璧な女=アゾートを創る
計画が書かれていた。その後、彼の六人の娘たちが行方不明となり、一部を切り取られた
惨殺遺体となって発見された。

感想。

初の著者の作品。大御所ですよね。改訂完全版ということで、一度読んでみたい有名な作品
だったので購入しました。新本格のブームを作った作品だけあって本格的だった。エラリー
を彷彿させる読者への挑戦状も良かった。

四十年も迷宮入りした事件も、御手洗の手に掛かればあっという間に解決、凄いね。初めは
事件の詳細を淡々と語っているけど、全くトリックとかが分からない。ベッドの吊上げの部分も
違うけど、そうかなと思っちゃった。竹越の手記が都合よく見つかって御手洗の所に来たのは
流石にちょっとね。

京都に行ったのもね、犯人が京都に居たのもなんかね。けど、物語中盤から特にページを
繰る手が止まらなかった。また、御手洗の事件解決を見たくて、そのうちにまた著者の作品
を今度は図書館で借りてこようかな。

業物語 / 西尾維新

kage

2016/04/02 (Sat)

あらすじ。

今回も愚物語に続き、第零話の短篇集。

感想。

物語シリーズオフシーズンの第二弾!、どれも毎回、次回へ続く的な終わり方で、上手い形だな
と思わせる。もう物語シリーズも惰性で買っているので、このオフシーズンで終了して欲しい気も
する。値段も高いしね。では各短篇の感想を。

◆うつくし姫
童話的な話。美し過ぎるのも困りものだな。キスショットのまだ人間の時の話。

◆あせろらボナペティ
キスショットが人間で、諸国を放浪している話。自分の為に命を投げ出し捧げる人の為にも
解決策として吸血鬼になって食べて供養したいみたいな覚悟は凄いな。高潔で高貴な心の
あせろら姫の人間度は高いな。

◆かれんオウガ
かれんの人間離れした力が最終的なオチ。自分探しみたいな難しい事をしようとするかれん。
結局、答えは見つからないが、暦のシスコンもいい具合だ。

◆つばさスリーピング
最後は双子の吸血鬼も自滅したが、理由がいまいちすっきりしない。こういうオチは著者の
作品にたまにあるが、困るな。久々に忍野メメが出てきて懐かしかった。

この調子だとオフシーズン後も新シーズンでそうだな。第零話ばかりだし。買うけど。