2016 07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2016 09

陸王 / 池井戸潤

kage

2016/08/28 (Sun)

あらすじ。

埼玉県行田市にある「こはぜ屋」は、百年の歴史を有する老舗足袋業者だ。といっても、その実態は従業員二十名の零細企業で、業績はジリ貧。社長の宮沢は、銀行から融資を引き出すのにも苦労する日々を送っていた。そんなある日、宮沢はふとしたことから新たな事業計画を思いつく。長年培ってきた足袋業者のノウハウを生かしたランニングシューズを開発してはどうか。
社内にプロジェクトチームを立ち上げ、開発に着手する宮沢。しかし、その前には様々な障壁が立ちはだかる。資金難、素材探し、困難を極めるソール(靴底)開発、大手シューズメーカーの妨害――。
チームワーク、ものづくりへの情熱、そして仲間との熱い結びつきで難局に立ち向かっていく零細企業・こはぜ屋。はたして、彼らに未来はあるのか?

感想。

安定の面白さ。企業物+スポーツというと著者のルーズベルトゲームを想像するが、今回は
足袋製造業者とマラソンという組み合わせ。いつもの爽快さと胸熱展開が読み手を凄く
満足させてくれます。アッパー素材とか少しご都合主義もありますがそんなことは気に
なりません。これはいつかドラマ化されますね。多分。

百年の老舗の足袋製造業者のこはぜ屋がジリ貧の業績を立て直すため、新規事業と
してランニングシューズを開発することに。そこで過去に発売したマラソン足袋をもとに
開発していくが・・・

とシルクレイやアッパー素材と苦労はあるも比較的に簡単にすばらしい素材が見つかる
のが少々、ご都合主義だが、陸王が出来ていく過程が良かった。飯山も憎まれ口を
たたくが元経営者でどん底を味わったので人情がありいいやつである。

大地に一番感情移入できた。就活が上手くいかず腰掛で親のこはぜ屋で働く。働き
ながら就活するも上手くいかない。しかし、陸王開発チームに入り、陸王の開発に
携わり苦労していき完成させていく過程が面白く、就活の面接でもそれを熱く語る。
優良企業に内定貰うもこはぜ屋の仕事が面白く辞退しようとするも宮沢は行けと
いう。世の中で修行して来いと。そしていつでも戻って来いと。熱いね。いい。

茂木選手のどん底の時期に人がどんどん去っていき、いい時期には人がすり寄ってくる
とは、マラソン選手だけの悩みではなく普通の人間関係でも往々にしてある。
その茂木選手の境遇や考えたかにも共感できた。自分も人間関係でどん底の時期に
去られた経験がある。茂木を陸王を最後に履いていたのは爽快だった。

ドラマ化必至の感じで読めました。最高です。面白かった。

君の膵臓をたべたい / 住野よる

kage

2016/08/27 (Sat)

あらすじ。

内容紹介

偶然、僕が病院で拾った1冊の文庫本。タイトルは「共病文庫」。
それはクラスメイトである山内桜良が綴っていた、秘密の日記帳だった。
そこには、彼女の余命が膵臓の病気により、もういくばくもないと書かれていて――。

病を患う彼女にさえ、平等につきつけられる残酷な現実。
【名前のない僕】と【日常のない彼女】が紡ぐ、終わりから始まる物語。


感想。

著者のデビュー作。自分は二作目のまた同じ夢を見ていたを先に読んでいました。なので
著者が、心地いいというか心にくる物語を書いてくれるんじゃないかという期待はありました。
その期待に応えるかのごとく、この作品も感動的でした。

膵臓の病気を抱え余命が少ない女子高生が、同級生の男子高校生に秘密を知られ
その縁から、一緒に遊んだり秘密を共有してしたいことをしたりとする。同級生に病気を
秘密にする華やかな女子高生は地味な男子高校生と遊ぶことを周りから不思議がられる。

そんな内容から始まるが、全部読んだ感想は、「四月は君の嘘」に全体的な雰囲気は
似ているなというのがありました。だって男子高校生のことを前から気になってたという
こととかね。

男子高校生の戸惑いと女子高校生を特別に扱うことなく、ぼっちらしい感性はわかる。
しかし、描写にも少しあるが可愛い子からこんなふううに仲良しになれたら、もっと舞い上がっ
てもいいはずだよなと思うが。

最後は恭子さんと仲良くなれて良かった。時間はかかったみたいだが、遺言を果たしたのだ。
ここは主人公はよくやったな。友達になってくださいといったとこは感動的だったよ。

著者は良い物語ほんと書くよね。次回作も凄い期待しちゃう。

絶賛スランプ中

kage

2016/08/25 (Thu)

以前からちょくちょく書いているが、仕事でミスが多く普段出来ていたようなことを失念

したりと同僚からの評判が右肩下がり。そして、資格勉強にも影響が出ている。

著しく物覚えが悪くなっていて、物忘れも激しい。

今日は、そんな中でも勉強の手を止めたらいけないな~と、隙間時間に勉強した。

社労士の本を持っていくのを忘れていた・・・、情けなや。何故か3冷の本が入って

いたので、仕方なくやった。相変わらず保安が難しい。

はやくスランプ脱したい。

のうりん(12) / 白鳥士郎

kage

2016/08/23 (Tue)

あらすじ。

林檎です。この巻は、今までわたしたちが色んな場所で活躍してきた記録をまとめた短篇集
です。でも単に再収録しただけじゃありません。

感想。

のうりん初の短篇集。といってものうりんは連作短篇的な性質もあるので、あまり読んでいても
変化は感じられないが。この巻は、ドラマCD版の書き起こしやネット公開版のサッカーネタや
DVDに付録としてついていた掌編、書下ろしの短編。とのうりんの相当なファンには収集もん
ですが、濃いファンはもう知っている内容ですかね。

農林サッカーは最後の注釈が面白い。豆知識過ぎて。岐阜県は隣の県なので若干きになる
もの。もうおっさんなのでサッカーの関心も薄いですがそれでも楽しめました。

現実ゲームは田舎住みや都会住み、イケメンやフツメンなどの最初の振り分けは確かに
現実的だ。人生は最初の持っている条件でも大いに影響があるもんね。

農業めしは読んでいて、グルメもいけるじゃんと思った。読んでいて想像力の乏しい自分には
唾をのみ込むほどの事はなかったが、おいしそうだなとは率直に思いました。これは今後も
続けてほしいな。

のうりんは、佳境に入っています。そろそろ完結させてもいい頃合い。売り上げ的にもね。

やっぱり俺はついてない

kage

2016/08/22 (Mon)

先日、散財してしまったが、また金のいることが発生。ここ2週間くらい車から異音がするので

今日、ディーラーへ行ってみてもらった。そうしたら車体とマフラーを溶接で繋いでいる所が

溶接が外れていてマフラーが当たる状態となっていた。ほっとくと走行中にマフラーが外れて

しまうよと言われ、やむなく修理することに。代金は33000円。車も10年乗っているので

経年劣化なのか?節約を心掛けているのに金を使う事ばかり発生して困る。ついてない。

本日は、そんなこんなでノー勉である。嫌になるぜ。

節約と言えば、マイボトルを購入。ホームセンターで1箱30本入りの1080円の缶コーヒー

を買って1日1~2本を車の中でのみ飲んでいたが(これが割と心を豊かにする)、徐々に

縮小して、マイボトルにお茶を入れそれに代替えしようと思います。マイボトル1600円。

明日も休み。明日こそは勉強に集中できるといいな。頑張ります。