2017 09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 11

パラドックス13 / 東野圭吾

kage

2017/10/15 (Sun)

あらすじ。

13時13分からの13秒間、地球は“P‐13現象”に襲われるという。何が起こるか、論理数学的に予測不可能。その瞬間―目前に想像を絶する過酷な世界が出現した。なぜ我々だけがここにいるのか。生き延びるにはどうしたらいいのか。いまこの世界の数学的矛盾を読み解かなければならない。

感想。

久々の東野作品、しかもSFです。面白かったが、話が生き残るためのサバイバルの話が主で
あり、時間跳躍した世界でもあり、元の世界とのゆがみを補正するパラドックスの世界という
難しい世界の生き残りをかけた物語なので、ちょっと自分の好みとはズレた。

並行世界に跳躍したのは12人。他には誰もいない。レトルトや缶詰を食いながら首相官邸で
過ごす。12人は元の世界で死んだ人間だった。しかもP-13現象の時に死んだのだ。
生きていくために凄く大変で、非常時には人間はこういう思考になるのだなと思う。
食い物を盗んだり、レイプしようとしたり。

しかし、誠哉は人格者過ぎる。リーダーとして相応しいし頼れる。村づくりの話は正論
かもしれないが女性陣には当然に聞ける話ではないな。

最後の元の世界の描写はP-13現象の揺り戻しが来てからの事だと思う。そして
死んでいるはずの人間が生きていることがあったが、この状況がどう伏線回収した
のか自分には全然分かりませんでした。なので消化不良で読後感が良くないです。

エロマンガ先生(9) 紗霧の新婚生活 / 伏見つかさ

kage

2017/10/13 (Fri)

あらすじ。

「初めて出逢うずっと前から…あなたのことが好きでした」お互いの過去を打ち明け合い、ようやく心を通じ合わせたマサムネと紗霧。二人は子供の名前を考えたり、初デートに行ったりと初々しいやり取りをする。そんな和泉兄妹に、エルフとムラマサが言ったこととは!?先輩作家の草薙から、酔った過ちで危険なメッセージを誤射してしまったことを相談されたマサムネと国光。彼の家に現れた人物とは?そして獅童国光渾身の新作小説の内容とは?叔母の京香に紗霧との新たな関係を報告したマサムネ。だが京香の返答は意外なもので…。和泉兄妹に京香がずっと隠してきた「秘密」が明かされる!

感想。

シリーズ第九弾!今回も安定して面白かった。ただページ数が少ないので読み応えが少ない。
前巻はプロポーズをして終わっていたが、今回は結論、婚約というか付き合うことになった。
まあ、年齢的に結婚は無理という真っ当な理由で付き合うことになった訳だが、もう、いちゃいちゃ
ぶりはまさしくサブタイトルにある通り新婚生活である。

ムラマサもエルフも二人が付き合うことを知っても、いずれは自分がマサムネと付き合うと
自信満々なのが噛ませ犬っぽいので困る。いや、自信満々の方が物語もストレスなく面白い
のだが、先の展開が見え見えなのでね・・・。

しかし、この作品はロリ化が止まらんな。JSの弟子を取る先輩作家。JSにブラチラ画像を
要求する先輩作家。作者は読者の潜在的欲求とか願望というか人気カテゴリーを十分に
理解している展開だ。物語自体は面白いし展開も良いが、あまりのロリ化はどうなのか。

京香さんの秘密は確かに事故の遠因ということになるが、少々こじつけになるという気も。
ただ、マサムネと紗霧も京香さんを家族として遇するという気持ちが凄く伝わり良かった。
これから家族で夢を叶えるためにアニメ化の仕事に邁進していくのだろう。

鑑別を覚えるのは大変です。

kage

2017/10/12 (Thu)

今日は3時間、勉強した。AI3種と消防設備士乙3。AI3種は過去問を安定して良い点数を

取れているが、数年分を満点取れるまでには至らない。自分はすぐに忘れるから困る。

乙3は問題集を3周目に突入だ。3周目で問題を解くスピードが速くなったが、細かい数字は

まだ沢山間違えるし、答えを覚えてしまった問題もちらほら出てきたので困る。が、もっと問題集

をこなして正答率を上げ理解を深めようと頑張ります。

乙3は鑑別という科目があるのですが、それが勉強に苦戦している。基本、頭が悪いので

機械的に暗記するので物を理解していなく覚えるのに凄く苦労します。これも人並み以上に

問題集を沢山、回すしかない。頑張ります。

ほんと最近集中力が持続しない。資格の勉強もさることながら読書も休み休みです。

加齢か老化か、個人的な気力の減退か。こういうのも運動すれば改善するのかしら。

先ずは目先の試験に集中して、そのあと考えよう。

数字が多く出るので大変

kage

2017/10/09 (Mon)

今日は2時間半の勉強した。AI3種と消防設備士乙3。

最近は集中力が無く勉強時間も少ない。乙3の問題集ももうすぐ2周目が終わる。

それにも関わらず暗記度が低い。理由は覚える数字が多い。乙種では数字はメインの

ハロン1301や二酸化炭素関係や第三種粉末消火設備などが多いと予想しているが、

それ以外も忘れずに覚えなければいけない。結構大変です。

話は変わるが、体重が徐々に増えていてダイエットに真剣に取り組まねばと思います。

運動不足もあるし筋肉もつけたいし。本当に真剣に取り組むのであれば来年の資格取得計画

を見直し、二つ受けようと思っているところを、1つにしてダイエットに精を出すことになる。

12月の消防設備士乙3が終わったら結論を出して対応しよう。

魔弾の王と戦姫(9) / 川口士

kage

2017/10/08 (Sun)

あらすじ。

ジスタート王国の次期国王の座をめぐる騒乱を鎮圧するために、自軍を率いて出立したエレン。
出向いた先で合流した【雷渦の閃姫】エリザヴェータの側に、行方不明だったティグルを発見
する。

感想。

シリーズ第9弾!久々に続巻を読んだ。8巻を随分前に読んだのですが、相変わらず安定して
面白い。そういえばティグルがウルスと名乗ってエリザヴェータに仕えているのだったな。
記憶喪失でも有能なウルスは流石です。もっと言えばエリザヴェータを虜にするウルスは戦姫
を全員制覇も夢ではないな。

エレンはティグルと完全に見抜いても証拠がないので一旦は諦める。やむないな。ルーリックも
ティグルだと思う。ま、証拠がないしな。エレンとエリザヴェータが諍いにならずに良かった。
そして協力する。いいね。

そしてポイントで魔物が出てくるのだけど、今回はそこに少し焦点が当たり謎な部分が垣間見えた。
バーバ・ヤーガが強敵だ。エリザヴェータに力を与えたヤーガ。それが足かせになりそう。
しかし、黒弓が大いにカギになる。どのように魔物との対決を果たし、どのように因縁があり解決
していくのか増々興味が湧いた。