2017 03 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2017 05

お兄ちゃんだけど愛さえあれば関係ないよねっ(11) / 鈴木大輔

kage

2017/04/21 (Fri)

あらすじ。

人生初の『朝帰り』によるドタバタはもう語り尽くす事が出来ないのだけれど、それはまたしても
本を読んでもらうしかないとして、ついにリリアナ祭がスタートした。

感想。

第十一弾!久々に続きを読んだのでしたが、この作品を読み進めるうちにこんなにつまらない
作品だったっけ?と思わざるを得ない。しかも、毎回の定型のパターンの話の構成である意味
安定感はあるのだけど、飽きてきたと思う。よく11巻も出来たなと。

今回はリリアナ祭。所謂学園祭である。ぎんぎんもアナも秋子も会長もみんな君佳の件に
ショックをうけ、誰しもが秋人と性行為をしようと目論む。なんという展開に。どれも義理姉たる
御幸さんに助けられるわけだが、この御幸さんも何か企みがありそう。

新藤光一郎の正体を明かす決意をしてたのに、まさかの寝オチでびっくり。どういう経緯で
そうなったかは次巻以降になるとおもうが、もう引っ張る必要性はなさそうだけど。お家の
事情もあるからということだと思うけど。。

しかし、この作品、もう3年くらい続巻が出てない。打ち切りか?それとも作者が風呂敷を
畳めなくなったのか?どちらにしても完結させてほしいです。でも続巻出ても買うかは微妙。

今日からマ王! カロリア編 / 喬林知

kage

2017/04/17 (Mon)

あらすじ。

真夏の海辺でアルバイト中に流され、毎度おなじみ異世界へ辿りついた渋谷有利の職業は
魔王。しかし今回は様子が変だ。ユーリが統治する眞魔国に、何やら陰謀の匂いが・・・。

感想。

いつものくだらないギャグを挟みながらの今回はシリアス成分が多めで面白かった。
最初はなぜ村田が一緒に異世界にこれるのか疑問でした。この巻ではまだ謎ですがどうやら
猊下と呼ばれている?ので魔族なのかな?

いきなり冒頭からギュンターやコンラート、ユーリが襲われコンラートは左腕を切断される
ことに。まじか!と思った。そして生死が不明である。きっと生きていると思うがあのコンラート
がこんな事態になるなんて。

そしてギュンターのギャグ要員過ぎるのがツボである。巻を追うごとに酷くなっているな。これは
誉め言葉です。ギュンターはいい味出してるな。アニメ見たことないけど見てみたいな~。

箱は人間が手にして魔族に戦いを挑むことになりそうだけど、人間が好戦的過ぎて凄い。
戦争をユーリが止めることができるかこの先が気になります。

華胥の幽夢 十二国記 / 小野不由美

kage

2017/04/16 (Sun)

あらすじ。

王は夢を叶えてくれるはず。だが。才国の宝重である華胥華朶を枕辺に眠れば、理想の
国を夢に見せてくれるという。しかし采麟は病に伏した。麒麟が斃れることは国の終焉を
意味するが、才国の命運は・・・。

感想。

いやー、凄く面白かったし、陽子や楽俊、月渓などのその後の話が特に興味深かった。
やっぱ楽俊は凄いな。努力家だしひたむきだし。陽子もいい王様になりそうでなにより。

泰麟の話も必要とされている、役に立っていると実感が持てないとの悩みに見えた。
しかし、麒麟は仁の者。いるだけで考えることは慈悲慈愛に満ちていて王様にとっては
道しるべににもなる存在。そこを分かってくれて良かった。

大学に進学した楽俊はすごいな。半獣で過ごし難いなかでも成績優秀、親孝行で
学ぶ姿勢は努力家、人当たりや考え方も謙虚でひたむき、凄いです。楽俊でまた
慶の国の陽子とともに物語を書いてほしいものである。

才国の話は、王は正しい行いをしているつもりでも違う。難しい話だった。
しかし、シリアス過ぎてそして難解でもあり、読み応えと引き換えに面白味は半減だ。
勿論、面白いか面白くはないかといえば、面白いけど。

しかし、このシリーズは凄いな。面白いし考えさせられる。深いですがラノベなんですよね。
とにかくすごい。

数字が多い

kage

2017/04/14 (Fri)

今日は図書館でDD3種を2時間、消防設備士乙3を1時間弱、勉強した。

DD3種は答えを反射的に判断して解答しているため、問題文をよく読まずに間違えたり

そもそも忘れていて間違えたりとまだ課題がある。しかし、なんとかかんとか仕上がりは

進歩している。楽観はできないが希望は持てるようにはなった。

乙3は、とりあえずテキスト1周目を終えて2周目をやっと開始。覚える数字が多いので

大変である。まだ勉強時間も始めたばかりで少ないので当然ですが、覚えれるか不安である。

テキスト2周目を終えたら問題集をやり込み体制に移行しよう。

ダイイング・アイ / 東野圭吾

kage

2017/04/10 (Mon)

あらすじ。

記憶を一部喪失した雨村槇介は、自分が死亡事故を起こした過去を知らされる。なぜ、そんな重要なことを忘れてしまったのだろう。事故の状況を調べる慎介だが、以前の自分が何を考えて行動していたのか、思い出せない。しかも、関係者が徐々に怪しい動きを見せ始める…。

感想。

安定して面白い東野作品の中で個人的にはいまいちな作品。ミドリの異変はオカルトめいていて
タイトルの意味がそういうことかとなるが、この手の内容で構成であれば普通のトリックというか
謎の方がしっくりくという気がする。著者がガリレオでも見せたオカルト色もあっての意欲作と
いうことにあるのか。

人身事故をした過去を持つ雨村。自分が事故死させた女性の旦那に頭を殴られ入院。その旦那
は自殺を遂げる。事故の記憶喪失していた雨村はその記憶を探りに動く。動くと謎の女が現れ・・・。

エロティクな場面が多くあり、女性の神秘性や魔性がそういう部分で表現されていたが、目の
部分の謎が判明しないうちは、なぜそうなるのかが分からずエロしか感じなかった。

成美の行方が気になるし、雨村の前から姿が消えた本当の理由が気になる。雨村の推理で
明かされているが、そういう理由なのかな?とすると死んでいるのかも。謎です。